スポンサーリンク

次男が遠方の塾に行きたいと言い出した!バスの乗り換え等いろいろ心配

中1の次男も春からは中学2年生。長男に比べると格段に成績がいい次男は、どうやら塾に行きたいらしい。しかも、同級生がいない遠方の塾。

最初言われたときは「えっ」と耳を疑ったのですが、とりあえず春期講習に行かせてみることにしました。

スポンサーリンク

知り合いがいない方が楽なのかも

集団生活が苦手なわけではないけれど、次男の健太は人目を気にするタイプ。周りからいろいろ言われるのがストレスになるみたいで、「誰も知り合いがいないところで勉強したい」とのこと。

最初、街の塾に行きたいのかと思ったら、街を通り越してバスで片道40分もかかるところを希望しているってことがわかり、ちょっと驚きました。

たしかにその場所なら「俺も~」となびく人はいないと思う。でもわざわざそんな遠いところまで?という疑問は残るんです。だって、行きかえりの時間を考えたら、余計に1コマ勉強できたり、早く帰れたりするんだもん。

部活もしているしねぇ。

でも、本人が決めてきたので、春期講習に行かせてみることにしました。

方向音痴なのにバス大丈夫か?

ここは旅好きのトモなら絶対に心配しないところですけど、健太は多少の方向音痴があります。

夜遅くなってバス乗り間違えたら、大変なことになりますよね?時間によっては、乗り換えしないといけない場合もあるし、大丈夫かなぁ?

ま、こないだスマホに替えたし、困ったときにはLINEでもしてくるだろうから、遠隔操作できるかな。

最悪の場合は迎えに行けばいいし。

心配は尽きないけど、自分から言い出したときがチャンスだと思う

健太は、お出かけ好きの長男のトモとは真逆でインドア派。だから自分から「出かけたい」というのはチャンスだと思っています。

失敗を恐れる小心者タイプ。カウンセリングの先生にも「ガラスの心臓」と言われています。でも、もう中学生なので、自分の力でチャレンジしたいという気持ちも芽生えてきたみたい。

そう本人が思っているんだったら、チャンスだと思わないと。

バスのICカードに多めにチャージしておいて、行先間違えても迎えに行けばいっか…というくらいの気持ちで送り出そうと思っています。

成績アップ…というよりは、健太のチャレンジを応援するって感じ^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする