スポンサーリンク

高校サマーキャンプに出発!みんなのために延長コード持参

今日から3日間、長男は高校のサマーキャンプに参加します。サマーキャンプといってもキャンプではなくて、部活の合宿です。滞在先で練習試合をするんだとか。

昨日、荷造りしていて「あ、延長コード貸して~。持っていく」と言い出しました。

去年サマーキャンプに行ったときに、電源が足りなくてスマホの充電ができなかったんだとか。延長コードとモバイルバッテリーも持っていきました。

「みんなが困るから」と言っていたけど、最近仲間のことを気遣うことが多くなったような気がする。

発達障害児は自己中心的で、自分のことしか考えていないといわれるけど、うまくコミュニケーションができていれば、仲間のことを思いやる余裕もできるのかもしれないなぁ~。

中学のときは残念ながら、いい友達関係というのはあまりできなかった感じ。でも高校になったらいい仲間に恵まれて、楽しく高校生活を送っているみたい。

そんなこともあって、仲間のことも考えられるようになったのかもしれない。

発達障害って一般の人から見るとマイナスのイメージがあるようで、バカにされたりからかわれたり、対等な友だち関係を築くって難しいみたい。そういう状況にあると、相手を思いやる気持ちは育たないよね。

幸運なことに、今通っている高校は訳ありの生徒も多いけど、そのぶん優しい子が多いみたいで。中学時代は、ぱっとしなかったけど、今学びなおしをしているんだとしたら、この学校を選んでよかったのかも。

社会にでて大事なのはコミュニケーション。人間関係だもんねぇ。今は勉強よりも大事な子をと学んでいるような気がします。

猛暑が続いているから、熱中症のことも心配だけど、元気に帰ってきて欲しいなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする