スポンサーリンク

発達障害児、大学入試について調べ始める

高3の長男が、大学入試について調べ始めました。

LDがあるので、学力勝負の一般入試は難しい。
なので、AO入試か推薦入試を狙っています。

スポンサーリンク

大学受験に関する情報は、できるだけ本人にさせる

推薦系の入学試験は時期がはやいからね。
乗り遅れないように早めに情報をあつめないと。

最近は自分でなんとかしようという気持ちが強いので、本人任せにしていることが多いです。

高校のホームルームでも進学希望者には指導はしていると思うんです。
就職あり、専門あり、大学進学ありのごちゃまぜクラスだから担任は大変だろうなぁ。

発達障害児は気が散りやすいからね。
ごちゃまぜクラスに在籍していると、誰宛に先生が話しているのか混乱するんじゃないかと思って。
情報の取りこぼしがあるとマズいんだけど…

今のところ、必要なところだけはピックアップしてきているような感じ。
問題なく動いているようなので、私は遠巻きに様子を見ています。

発達障害児は受け身の子が多い

わが家も小さいころは典型的な受け身タイプだったけど、高校生になってしっかりしてきました。

受け身の子を自分から動けるようにするのは結構大変。

わが家は旅行好きで、ちょっと自信がついたから自分ですいすい行けちゃうようになりました。そういう「きっかけ」みたいなものがあればいいんでしょうけど。

なかなか離れようとしない子には、親がプランをたてて小さい成功体験を積み上げていくといいかも。最初のうちは、失敗しないように根回しも大切です。面倒だけど、そのうちにすい~っといけるようになります。

親も本人とは別に情報収集してます(笑)

いちおう本人メインで動いてもらっているけど、見落としがあったりすると怖いから、こっそり資料をダウンロードしたりしています(笑)

息子の情報と突き合わせて、食い違いがなければ安心♪

近々、担任の先生と面談があるので、情報交換できるように私も準備しているところです。

本人の希望どおり、行きたい大学に行ければいいけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする