スポンサーリンク

高校選びの基準は学力?それとも部活?

先日、次男と一緒に『進学ガイダンス』に行ってきました。

長男のときにも進学ガイダンスに行ったんですけどね。2回目だけど子どもごとに見るポイントが違うなぁと思って。

スポンサーリンク

長男のときは入学後の配慮やサポート体制重視

長男はLDがある発達障害児なので、無理なく勉強ができる環境を探していました。定期テストのたびに課せられるノルマをこなすのが精一杯で、体調にも影響するほどだったから。

私たちが住んでいる地域は「朝課外」が有名で、1時限目よりも早い時間帯に課外授業があるんです。進学校ならまだしも、普通の高校も当たり前に課外授業があり、きっと長男は体力的にボロボロになるだろうなぁ…という心配があったんです。

勉強ができないわけではないけど、もう少し余裕がある状態で得意を伸ばしてほしい。そう思って選んだのが今の単位制高校。それぞれの科目で学力に合わせて授業レベルを選ぶことができ、負担が激減。おかげで将来のこととか本人なりにのびのびと考えられるようになりました。

次男は学業重視にしたいところだけど…

次男は、長男に比べると勉強できます。多分この子は大学まで進学するだろうな…ということは、小さい頃に漠然と思っていました。

なので、進学も見据えた高校を選ばないといけないってことね。

だけど中体連前にケガをして、試合に出られなかったことで、高校でも野球ができる環境を探しています。本人も「(怪我せず最後まで試合に出ることができたら)中学で野球をやめようと思ったのに、やり残した」と言っています。

そうはいっても、高校の野球は厳しいからねぇ。野球推薦で入らないと、一般入試の部員がベンチ入りするってのはかなり難しい。それは本人もわかっているけど、どうしても挑戦したいらしい。

進学のことを考えるともったいないかなぁと思います。部活と学業を両立している人もたくさんいるけど、部活はそうとう大変そう。部活が負担になって勉強する時間がなくなるかもね。

でも最後の3ヶ月、そうとう悔しい思いをしていたのをずっと見てきたから、本人が納得して決めるのが一番かもしれない。

長男の高校生活を見ていると、勉強だけがすべてじゃないなぁと思うんですよね。そして将来選ぶ大学も偏差値だけではないなぁって。その答えを出すためには、失敗しても成功しても全力で頑張る。それしかないと思っています。

親は口出しせず、ひたすら見守る。これしかないなぁ。

ガイダンスで文武両道の高校の先生からお話を聞くことができました。けっこう大変そうだけど次男に合っているかも。2学期になったらオープンスクールに行ってみよう^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする