スポンサーリンク

体育大会がまさかの疲労骨折!中学最後なのに・・・

次男には無縁だと思っていたのに、まさか疲労骨折になるなんて…

部活をしている中学生が疲労骨折するのはよくあることなのかしら?

次男のチームメイトが3月に腰を疲労骨折して、「うわぁ、大変そう」と思っていたら、まさかわが子が疲労骨折になってしまいました。

来月末には中学最後の中体連が始まるのに、間に合うかなぁ。

スポンサーリンク

疲労骨折とは…

骨折は、ぽっきり折れるのではなく、同じ部位に小さな力が何度も加わって骨にひびが入ったり折れてしまうことを疲労骨折というんですって。

体が十分に出来上がっていない中学生は、短期間に集中的にトレーニングすると、疲労骨折になりやすいみたい。

中学生って力加減もよくわかっていないし、顧問の先生も最初から最後までつきっきりでトレーニングに付き合ってくれるわけではないから、ちょっとしたことでケガをしやすいんですよね~。

一般的に体が硬い子が疲労骨折になりやすいといわれていて、次男のように毎日ストレッチして体が柔らかい子は疲労骨折にならないと思われてる。

それなのに、疲労骨折になってしまったのにはどこか無理をした場面があったってことかな。

グレーゾーン発達障害?力の加減がわからないらしい

次男はグレーゾーンの発達障害かなぁという感じです。

長男のことがあって、次男は生まれながらに療育の環境で育ったので、怪しいところがあってもなんとか自分なりに対処しているみたい。

ただ最近、「力の調節ができないんだ」的なことをよく言います。野球の練習のとき、外野と内野で送球する力の加減を変えないといけないのに、同じ力で投げてしまうから、内野の守備ができないんだって。

最近試合にでる回数が増えてきたから、調子に乗っちゃっていつも全力投球しているのかもしれない。それが腰への負担になった可能性があるかもです。

痛みがあったら早めに対処が必要だったと反省

本当はひと月くらい前から腰が痛いと言っていたのに、「腰が痛い」と言われるとメンバーから外されて試合に出れなくなるから、痛みを隠して無理していたのよね。

今までなかなかチャンスがなくて、やっと試合に出してもらえるようになってきたから、私も本人が言うまで病院に連れて行かなかったもん。

体が柔らかいから、疲労骨折しないと過信していたのもあって、もっと早く1日休みをもらって病院に連れて行けばよかったと反省。

今はがっちりコルセットで固定しています。あと1ヶ月、ギリギリ間に合えばいいなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする