スポンサーリンク

発達障害児AO入試に挑戦!自己推薦書に悪戦苦闘

わが家の長男、今月大学のAO入試を受けます。いよいよ受験が始まったー。

必要書類のうち、自己推薦書は1200文字書かないといけないので、夏前から少しずつ準備をしていました、ですが最後の最後で壁にぶつかってしまって。

すっかり忘れていました。長男に読み書き障害があるってことを。

スポンサーリンク

高校生活がスムーズすぎて、息子に学習障害があることをすっかり忘れてました!

長男にはLD(読み書き障害)があります。

「読み」はなんとかできるようになりましたが、「書き」のほうはいまだに苦手。マス目に入らなかったり、たくさん書くと疲れてしまう。

小学校、中学校では書字障害が原因で体調不良になったりして、親子で解決法を探したけど「これだ!」という解決法がなくて。

でも高校に入って、書字で苦しんだことがなくてしばらくの間忘れていました。

高校入学時に配慮が必要なことは伝えましたが、結局配慮はまったくいらないし、逆に別の子のお世話をしていたくらい。それくらい伸び伸びと学校生活を楽しめる環境だったんですよね。

でも、大学のAO入試を受ける直前になって問題に直面。

書字障害の特徴はいまだにあるんだなということを改めて実感しました。

書字障害を忘れるくらい高校生活が順調だった理由

マス目に文字が入らない、字を書くことで頭痛や顎痛など、体の調子が悪くなっていた長男。字を書くということが本当に苦手で、書字障害の程度も決して軽いものではありませんでした。

多分普通の高校に進学して、朝から夕方まで授業や課外授業を受けていたら、体調崩していたかもしれません。それくらい課題提出など「書く」ことに対して困難がありました。

ですが、長男が進学した高校が単位制の高校だったこと。本人のレベルに合わせて授業の難易度を選べたことで、ストレスなく学校生活を送ることができました。

ストレスがなくなった分、興味のあることに突き進むパワーが生まれたんだと思います。

授業もプリント授業が中心だったりして、がっつりノートを取るものは少なかったらしい。それで体力温存できたのかも。

そんなこんなで体調崩すことが全くといってなくて、そのうち息子が学習障害だってこと、すっかり忘れてました。

読み書き障害が原因で自己推薦書が完成しない

先日AO入試の入学願書を出願しました。

最近の出願ってインターネット出願になってるんですね~。

必要なことを入力したらエントリー完了。
必要書類が印刷できるようになっていて、段取りも教えてくれる。
受験料を払い込んだら、願書を提出する封筒に貼る宛先シートも作ってくれて至れり尽くせり。

あとは、学校にお願いしていた調査書と自己推薦書(志望理由書)を入れて送れば出願完了なのですが…

自己推薦書にかなりてこずりました。

自己推薦書(志望理由書)に書く内容とは?

自己推薦書(志望理由書)とは、志望理由や入学の意思をまとめたもの。

AO入試は人柄を重視することが多いので、自己アピールが上手な人ほど有利です。

長男が受験する大学は1200字以内で志望理由や自分の経験、入学してからの意気込みを書くんだとか。1200字はけっこうなボリュームです。

作文はOKでも清書が苦手

文章を書くのは苦ではなかったので、下書きまではすんなりいったのですが、まさか清書でつまづくとは。

自己推薦書用紙に鉛筆で下書きをし、ペンで仕上げをするのが相当大変だったみたいです。鉛筆で提出OKだったらよかったんですが、ペン書きがね。

もともとなぞり書きが苦手。下書きの線と本番の線が重なるとどっちがどっちか見分けがつかなくなって、字を間違えてしまう。そうしたら最初からやり直しです。

実は自分の部屋にこもって何度も失敗したみたい。20枚くらい。でもすごいのは弱音を吐かなかったこと。普通、イライラしたり途中で投げ出したりするでしょ。

コツコツやって失敗してを繰り返していたことに私も気が付かなかったのです。ちょっとした会話から何度も失敗し続けて志望理由書が完成していないことを知り、「じゃあ明日あさイチで一緒に書こう」となったわけです。

闘いのあと。字をひとつずつ確認しながら

不思議なことに私が見ている前で書くだけで失敗は格段に減ります。私も原稿をコピーし、間違いそうな漢字をピックアップして確認しながら書かせるので、時間はかかったけど一発OK。

ふぅ~

パパさんだと余計なことを言うからダメなんだよね。私じゃないと。
学校の先生に「最初から最後まで見ておいてください」とお願いするのも無理だし。

そうやって苦労して志望理由書を書き上げ、無事に願書を投函したのでした~^^

あとは受験票が届いて、一次試験、二次試験をうけて合格できるといいな。

気になるのは一時試験の筆記だけど、鉛筆書きらしいからなんとかなるでしょ。

大学受験時の配慮はどうなってる?

大学受験のとき、障害者の配慮もあるんですよね。

久しぶりに思い出して「どんなもんかな~」と調べてみたら、発達障害に関する配慮は

  • 別室受験
  • 時間延長
  • 用紙拡大
  • 注意事項を文書で伝達する

などがあるみたい(一般論ね)。

だけど高校で「やってます」という実績がないとダメ。
うちの場合は配慮ゼロだったから無理かぁ~。

というか、試験当日じゃなくて、出願時の自己推薦書、パソコン入力を許可してもらえたらこんなに苦労はしなかったのに…。それは無理なのかなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする