スポンサーリンク

リハーサルは大事。家を出る時間・バス乗り継ぎなど

4月から専門学校に通う長男。

片道2時間くらいかけて通学するので、今日は雨の中、本番前のリハーサルに行っています。

スポンサーリンク

今日のリハーサルの結果

9時半の授業開始に合わせて、6時40分くらいに家を出た長男。
「ついたよ~」とlineがあったのは、9時20分ごろ。思ったよりも遅い。

時刻表上では、「こっちが早くてラクそう♪」といっていたプランだったけど、激しく雨降っていたし、道路の混み具合もあって想定していたよりも20分ほど遅く到着する結果に。

自宅からバスセンターまで路線バス

高速バス

学校の近くまでの路線バス

と、2回乗り換えるので、もう少し時間の余裕が欲しいところ。

頭の中で考えるのと、実際に乗ってみるのでは違うってこと、本人も分かったと思う。

段取りや時間管理も自分でできるように

発達障害がある人は、「タイムマネジメント(時間管理)ができない」「段取りよくできない」などと言われますが、息子を見ている限り、普通の人と変わらないのかなぁという思いで見ています。

逆に長男の周りの子たちがのんびりしすぎていて、「大丈夫かぁ(汗)」と感じたりもします。

「遅れるのが嫌」とプラスにとらえて

高校も3年間無遅刻無欠課の皆勤賞だったし、遅れるのが嫌な真面目クン。

でも、それくらいの意気込みがあった方が、社会にでてもなんとかなりそう。
遅刻しても平気な社会人にはなって欲しくないもん。

今回のリハーサルも、本人がやりたいと言いだしたこと。
本当は4月3日が入学式なので、4月1日から定期券を購入し、2日間練習をする予定だったのですが、学生証がないと定期が使えないとのこと。

仕方がないから自腹で練習するか~と話していたら、パパさんがなぜか「無駄遣いするな!」と激怒。

私も長男の考えには賛成だったので、こっそり強行突破^^;

旅の経験が役に立ったかな

長距離になるほど、時間の幅は大目にとっておいた方が安心というのは、今までの旅の経験で得た経験値。

「ここからここまでは、だいたい何時間」とか、時間の感覚はすごく鍛えられたようです。

きっとこれは、仕事でも役に立つと思います。

発達障害児は「準備が遅い」とか「準備できない」とは言うけれど

発達障害児は準備ができないとかいうけれど、日々の暮らしの中でやっていれば、自然と身につくのではないかと思います。

我が家も小さいころは、お弁当を持ってドライブに出掛けたりして、そういうときに一緒に準備をしたり、持っていくものを揃えさせたりしていました。

そういう暮らしの中で、段取りとか準備の感覚を身に着けておいたら、ふとした時に思い出したりするのかもしれません。

不器用だし、ぼーっとしているから、つい「親が準備した方が早い!」と思ってさっさと準備をしてしまうのだけれど、時間に余裕をもって手伝ったりしていた記憶って、頭の片隅に残っているのかもしれないです。

特に長男のように受け身型でフワッとしたタイプだと、残っているのかもしれません。

ちょっと気難しい次男は、納得しないと受け入れないので、3年後同じ状態になったときに、自分から行動するかちょっと心配。まぁ、そのときになってまた考えよう(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする