スポンサーリンク

春休み突入。中高生の子どもたちとの関わり

先週、中学校の終業式があり、わが家の子どもたちは春休み突入。

高校生の長男は、昨日から旅に出ています。

バイトしたお金で旅に出るので、親の手出しはなし。親孝行息子です。

次男の方はというと午前中は部活。夕方からは塾の春期講習。

塾に行くまでは自分の部屋で好きなことしてます。

最近は部屋が一番落ち着くらしく、顔を会わせるのはごはんとおやつくらい。

思春期なんだもん。どこの家もこんな感じなのかもしれない。

幸せなことにわが家は親子関係は良好なので、きちんと会話ができます。

他の家庭では「うるせー」とか返されるって。そういう険悪なところも多いみたい。

発達障害児の思春期はまったりしていると言われたこともあるけれど、家族関係だったりその子の性格とかも関係してるかもしれない。

知り合いの発達障害児を見てみると、幼少期から小学生の頃に親がじっくりと関わったところの子はそれほどひどく反発はしてないのかなと感じてます。

反対に普通といわれてるところの子たちは激しいみたい。

手がかからなくて放任されて、親が仕事で会話が少ないところはしわ寄せがきてるのかなぁとおもいます。

子育てって難しいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする